TOP


・ご祝儀のマナーと相場
・マナー
ご祝儀袋に入れるお札は、新札にするのがマナー。
また、2万円、4万円などは「割れる」という意味からお祝い事では避けたほうがよい。
偶数金額を包む時は、五千円札を入れて奇数枚にして包むとよい。


・相場
・友人・知人 3万円
・友人・知人(夫婦の場合) 5万円

・親戚 5万円
・親戚(夫婦の場合) 10万円

・従妹 5万円
・会社上司・同僚 3万円

というのが大体の相場です。
私はいままで披露宴に10回くらい出席していますが、10代や20代の前半(21.2の頃)に
呼ばれた結婚式はまだ若かったこともあり、2万円包んだ記憶がありますが、
それ以降は友人の披露宴では3万円、夫婦になってから出席した披露宴では5万円を包んでいます。


・ご祝儀袋について
地域によって違いはあるようですが、一般的には、中に入れる金額が高くなるほど、
祝儀袋も豪華なものを選ぶらしいです。
袋は超豪華なのに、中身は2.3万というのは確かに恥ずかしいかも(-"-#)
これも知識として覚えておくとよいと思います。


・相場って
お祝い返しというのは、いただいた金額の半額くらいが目安ということですが、
披露宴でお一人当たりにかかる金額は、お料理と引き出物・引き菓子・プチギフト
などなどをあわせると大体1万5千円から2万円弱。

自分が結婚式をするまで考えたことなかったのですが、相場ってうまくできてますよね。
出席された方にはだいたい半分くらい返るようになってるんだなー感心してしまいました。




  
・ご祝儀制にしたわけ

ここはとっても現実的な話になりますが・・・

両親が一般的な挙式・披露宴を望んだことが一番ですが、
会費制にすると、経費の計算(会費の計算)や準備の面で大変だというのも理由のひとつです。

ご祝儀制にするとなると、レストランウェディングなどでは、
自分たちにはこだわりがあったり、お金が思わぬところで
かかっているにもかかわらず、年配の方からみると豪華さに欠ける印象が
あるようなので、式場やホテルで挙式することにしました。

結婚式には大変なお金がかかりますが、ご祝儀によってある程度の費用は
まかなえることになりますよね。
ご祝儀は相場が大体決まっていますので、計算も簡単でした。

私たちの場合は出席人数が60名で、うち親族が8組。
その他の出席者が30名でした。

単純計算で 
親族の相場の間をとって 7万円×8組=56万円
上司・同僚・友人の相場 3万円×30人=90万円

150万円の計算だったので、160万から180万くらいの金額以内で
挙式・披露宴をやろうと思いました。

足りない分だけを自分たちで用意すればよいですが、会場への支払いは結婚式前になります。
しかし、ご祝儀は大半の方が当日に持参されます。
支払いにはご祝儀は使えませんので、先に用意しておく必要があります。

ぶっちゃけ、うちは彼の方がお金がなかったので、彼が金銭的な面から
挙式をするのを渋っていたのですが、先に立て替えておくだけの金額は
私のほうで用意できたので、この考えで彼を説得しました。

現金が足りなければ、足りない分はカードを利用という手もあります。

「節約は失礼?」でも同じようなことを書きましたが、
結婚式は、結婚の報告と「これからもよろしくお願いします」という挨拶の気持ちを込めて、
お世話になった方々を招待し、おもてなしするものだと考えています。

お金がなくても挙式できる!と最初からご祝儀をあてにするのではなく、
いただいたご祝儀も含め、予算を上手に活かして準備を進めることが大切だと思います。



  


Copyright (c) 2004 aoi All rights reserved.
結婚式・披露宴 節約術