TOP


・テーブルインタビュー
主賓の方の祝辞と乾杯の挨拶は定番どおりお願いしましたが、
親戚や特定の友人に祝辞をお願いするのではなく
なるべくたくさんの方からお祝いの言葉をいただきたい
ということで、テーブルインタビューをすることにしました。

あらかじめインタビューするゲストとそのゲストが答えやすい 質問をこちらで決めます。

司会者にインタビューするゲストの名前と質問内容を渡しておき
テーブルを回ってマイクを向けてもらうというものです。 最後にお祝いの一言をもらいます。

ここで注意するのはインタビューされる方には前もってこういうことをするから、
最後のお祝いの言葉だけ2-3分程度考えていてね。と事前に知らせておくこと!

突然、当てられたりするのはやはり緊張するものです。

実際、私は親戚のおじさんにお願いしましたが、人前で話すのは
苦手なので・・といわれて指名するゲストを変更しました。

また、考えなしに突然当てられるとよっぽど弁の立つ方なら別ですが
せっかくのお祝いの言葉もしどろもどろになって「おめでとう」ばかり続いてしまいます。

ゲスト方のことも考えてやはり事前にお願いするのがベストだと思います。

実際お願いしたゲストと質問内容

時間の都合もありますが、前半4人、後半4人に分けました。
順番も重要です。盛り上がりそうな順番を考えてくださいね。
スピーチではなく質問していく形式なので、 アドリブで楽しいお話が引き出せるように
司会者の方に お願いしておくとよいと思います。

前半>>>>>>>>>
順番 質問内容 新郎新婦との間柄
1 今日新郎の姿はいかがですか? 新郎伯母
2 小さいころの新郎は? 新郎伯父
3 今日の新婦の姿はいかがですか? 新婦従兄
4 小さいころの新婦は? 新婦伯父

中座

後半>>>>>>>>>
順番 質問内容 新郎新婦との間柄
5 普段の新婦はどんな人ですか? 新婦親友
6 今後の生活で、新郎新婦、どちらが主導権を
握っていくと思われますか?
新婦元同僚
7 職場での新郎はどんな人ですか? 新郎上司
8 新郎新婦が結婚すると聞いてどう思った? 新郎親友
  

・テーブルフォトサービス
お色直し退場時に各テーブルを回って記念撮影をします。

主賓の方などは友達とは違ってカメラなど持ってきてらっしゃらない方が 多いと思います

出席者の方全員と記念撮影できますし、各テーブルで
お話もできますのでぜひ演出に盛り込んでみてください。
  


Copyright (c) 2004 aoi All rights reserved.
結婚式・披露宴 節約術