TOP


・あたしにもあったマリッジブルー

まさか、自分がこんな状態になるとは・・

「本当にこの人でいいの?」「幸せになれるのかなぁ・・」

結婚を目前に控え、幸せ絶頂♪ のはずなのに、私は憂鬱で仕方ない日々を送っていました。

そして、入籍当日まで迷いに迷い、婚姻届を出しに行こうと決めていた時間に
市役所にいけませんでした。

この紙を出してしまうともう後戻りできない。

一緒にいたいという気持ちよりも、その紙切れ一枚を出すことにより
自分の人生が決まってしまうことに不安を覚えていました。

原因は?
結婚の準備に非協力的な彼の態度。
度重なるケンカや、彼の頼りなさに対するイライラ・・

結婚をやめる決断にいたるような大きな問題ではないことなのに、
不安で憂鬱で仕方ありませんでした。

「ははー、あおいでもマリッジブルーになったかぁ (/ ̄ー ̄)」

相談した友達は皆笑っていました。

「準備は大変だけど、それも一生に一度しかできないでしょ?
二回も三回もするつもりなら話は別だけど 笑 それもまた思い出だよ。」


「ケンカ?多くなるなる!!いまが一番するときじゃない?
それ超えたらもめる原因なくなって平凡すぎるくらいだよ 笑」


「あのね、結婚式当日はいままでのイライラがウソみたいに消えちゃうよ。
自分の大好きな人たちばかりが、自分をお祝いしてくれるためにかけつけてくれる。
単純にそれだけなんだけど、マジで感動するよ。」


皆、笑って私の不安を大丈夫だとなだめてくれた。
だれもが一度は通る道で、だれもが後で「そんなこともあったな」って 笑えること。

そして、ギリギリ翌日になる夜中に彼と婚姻届を出しに行きました。

晴れて夫婦になった後、彼は本当にうれしそうにスキップしていました。

もしかして、彼も私の気持ちに不安になっていたのかもしれません。

その背中をみて、この人となら幸せになれるな って思えたのでした。


[この人と結婚していいの?―Are you ready? ]
「あたし、マリッジブルーかも」と思ったときにはぜひ読んでみよう。
読み終わる頃には不安は解消?!
  


Copyright (c) 2004 aoi All rights reserved.
結婚式・披露宴 節約術